受診しやすいトランスジェンダー外来

 

~九州 福岡で最も通いやすいジェンダークリニックを目指して~

1.制度よりも「見かけ」「外見」のケアを重視

トランスジェンダー外来では、「見かけ・外見の調整(MTF/FTM共通)」と、「美しさかわいらしさ(MTFの場合)」又は「美しさ精悍さたくましさ(FTMの場合)」の創出に支点を置いています。精神科が入り口のGID性同一性障害の受付とは異なり、トランスジェンダー(GID性同一性障害 LGBT トランスセクシャル等)治療の開始に伴い、厳密な意味での「GID性同一性障害」の診断を治療の開始要件とはしていません(診断基準を満たす場合は当院にてGID又はGD性別違和の診断・診断書発行もします)。

2.自由度の高い個別のご予約時間の設定

お仕事・お勉強や生活リズム・ライフスタイルの多様性から、福岡の市中のジェンダークリニックの受診が難しい方も多いと思います。その点、当院は事前に登録を受けたお客様患者様のみご利用いただけるコンシェルジェクリニックであるという特徴から、事前のご予約をいただくことで24時間365日ご対応できるという診療体制を敷いております。

3.院内での他の方との「はち合わせ」なし

ご予約はおひとりづつ個別にお受けしますので、他の福岡のジェンダークリニックとは違い、院内の待合室で長い間待たされたり、他の待合の方とお顔を合わせることがありません。

4.他院での検査記録のお持込の受付

トランスジェンダー治療開始に伴い、他院(かかりつけの内科での検査結果や健康診断の記録等)のお持込を受け付けます。内容が重複する検査を押し付けることはありません。別の件で心療内科や精神科を受診された際の心理テストや性格テストの記録も受け付けます。

5.心理テスト等の不実施

特にご要望が無い限り、初受診時の心理テスト・性格テストは行ないません。

6.大学病院での保険診断取得サポート

保険診断の取得を希望なさる方には、その後のSRSや戸籍変更等に直結できるよう、セカンドオピニオンと大学病院での保険診断取得をサポートします。大学病院での保険診断取得のプロセスはかなり時間がかかりますが、そのプロセスと並行してホルモン治療は先んじて開始できる体制ですので、時間を無駄にすることがありません。学校会社向けの診断は直ちに当院で行ないます。    ~READ MORE~ 

 

GID性同一性障害外来自体が初めての方へ お問合せ・ご予約フォームへ

 

ボディビルダー・ボディビルアスリートスポーツ選手のための男性ホルモン蛋白同化ステロイド外来の特設ページができました

 

 

 

 

 

http://www.glbtrt.ala.org/news/wp-content/uploads/2014/03/Rainbow-Book
gallery/01

福岡のジェンダークリニック探しに苦労する、というお話しをよく伺います。「治療の最初の入り口を精神科に行ってしまって、なかなか受けたい治療に行きつけない」というお話しも同じく多く伺います。このような皆様に向けて、より受診しやすいトランスジェンダー(GID性同一性障害 性別違和 等)治療ができる福岡のジェンダークリニックがあればお役に立つのではないか、との考えから、このトランスジェンダー外来を設置しています。GIDガイドラインに準拠したカウンセリング・検査と並行してホルモン治療を受けることができますなお地域にGID受診の受け皿がない方・GID未受診未治療の方・GID診療過疎地域の方を優先的に調整しています。

 

 

Services

診察・ご相談

ホルモン治療

SRSご相談

既にGIDの保険診断を取得された方、GIDのファーストオピニオンを取得された方、大学病院に予約中・受診待ちの方または受診中・診断観察中の方、他院で診断除外された方、他院で治療を打ち切られた方又は終了してしまった方、トランスジェンダー外来自体に全くの初診という方等、それぞれのご事情にあわせてじっくりとお話しをうかがいます。

既往・病歴・個別の環境その他の事情に照らして、可能であれば速やかにホルモン治療に移行します。 大学病院への予約中・受診待ちまたは受診中・診断観察中であっても、ホルモン治療は並行して実施できます。

日本の大学病院の形成外科を中心に検討し、ご要望やご事情をお伺いしながら、場合によっては海外タイでのSRS実施のご相談をお受けします。

トランスジェンダー外来の特徴

https://t2.ftcdn.net/jpg/00/61/83/63/500_F_61836345_AfANDlgo5FYXzWFNXkTD5n0KPJ1Tr4us

検査体制

ご希望により生化学検査・ホルモン内分泌検査・染色体検査・遺伝子検査・心理検査・泌尿器/婦人科検査のいずれもお受けいただけます(強制ではありません)
 

受診と診療のお引受けには事前の予診と審査があります。受診経緯・他院での履歴診断歴・心構えと考え方並びにその余の事情により、受診・診療をお引受けできない場合があります。 ~受診お問合わせ~のページへ GID外来初診の方へ

 

九州ベテルクリニック福岡

 

DSM5子供の性別違和で、ASD自閉症スペクトラム(アスペルガー症候群,ADHD,PDD広汎性発達障害)を基礎疾患にもっている子供の性別違和については、発達障害専門外来のプログラム(ピアノリトミック音楽療法等)と連携して診断・治療にあたります。