ご予約から初診までの流れ

1.最初のご連絡をコンタクトフォームからしていただき、予約の調整依頼を出してください。その際のメッセージには、簡単な自己紹介(MTF/FTMの別、年齢、診断の有無、治療歴・投薬歴等)とご希望をお書きください。また、ご予約日程調整に際して、平日帯・休日帯のいずれがご都合がよいか、日中帯・夕方夜間帯(夜間22時等でも可能です。)のいずれがご都合がよいか並びにお客様のスケジュールにおいて初診予定月で受診に都合がいい日時が判明している場合はその日時をメッセージにお書きください。
http://bethelclinic.wixsite.com/portal/inquiry
2.ご予約デスクからお返事と日程調整をさしあげます。                                3.ご予約日が決まりましたら、質問票をcopy&pasteしてご回答いただき、メールにてお送りください。当日までに担当医が予習しておきます。                                                                                                                                                                       当日のタイムフロー(GID診断取得済みの方又はホルモン治療経験者の場合)          当日ご来院いただき、既往・アレルギー歴と現在の心身の健康状態を伺います。健康状態良好であれば、お好きな銘柄をお伺いして注射します。
診断取得済み・ホルモン治療経験者の方はすでによく勉強していらっしゃる方がほとんどなので、あまり煩わしいことは申し上げません。診察所要時間は、注射のみの場合は30分程度です。お客様の方からご相談がある場合は、それに合わせて60分~90分程度でお話しを伺っています。

ホルモン注射の料金については、基本の銘柄の注射(FTMエナルモン125mg、MTFオバホルモン5mg)が3500円です。その他の銘柄の料金は院内に料金表を設置しています。また、その他の公開している料金表は下記の通りです。
http://bethelclinic.wixsite.com/portal/transgendergidmenu

                 

当日のタイムフロー(GID診断未取得の方又はトランスジェンダー外来GID外来初診の方)

当日ご来院いただき、質問票をもとに詳しくお話しをお伺いします。診察所要時間は1時間から2時間程度です。初診での血液検査、心理検査、染色体検査は行いません。ホルモン注射をできる場合はこれを行ないます。 当日の医療費は初診料3000円、ホルモン注射がある場合はその料金です。

 

 

 

 

急ぐ方・経済的に余裕がある方の、ショートカットでの海外での形成外科手術

 

ご予約から初診までの流れと初診当日のタイムフロー

総合受付のトランスジェンダー外来関連のページリンク

 

トランスジェンダー外来

 

トランスジェンダー治療メニュー

 

病気別治療法提案(トランスジェンダーGID性同一性障害)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Other useful links