保険診断未了のFTMの方への男性ホルモン療法開始の要件

 

大学病院での確定診断及びセカンドオピニオンを取得されていないFTMの方への男性ホルモンの投与は慎重に考えますが、下記の要件を満たした上で、個別具体的事情の下で、お引き受けすることを考慮します。

 

(1)年齢 未成年者でないこと

(2)気持ち 男性として生きる強い意志、ホルモン治療を受ける強い意思

(3)健康 肉体的・心理的・精神的に既往・基礎疾患がないこと

(4)RLE RLEを男性として過ごしていること及びホルモン治療に際し家族からの介入がないこと

(5)副作用の受入れ 将来的に不可逆的に妊娠出産ができなくなるリスクを受入れていること

 

 

急ぐ方・経済的に余裕がある方の、ショートカットでの海外での形成外科手術

 

保険診断未了のFTMの方への男性ホルモン投与について

総合受付のトランスジェンダー外来関連のページリンク

 

トランスジェンダー外来

 

トランスジェンダー治療メニュー

 

病気別治療法提案(トランスジェンダーGID性同一性障害)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Other useful links