九州ベテルクリニック福岡トランスジェンダー/GID性同一性障害外来では、設置以来、ジェンダークリニック/ジェンダー外来初診の方に対し、GIDガイドラインに沿った適正な診療プロセスによる診断と身体の治療への導入を行なってきています。

しかしながら、九州ベテルクリニック福岡トランスジェンダー/GID性同一性障害外来が設置される前の時点でガイドライン外で美容外科にて乳房切除・睾丸(こうがん)摘出等の外科手術を受け、当院での形成外科・婦人科・泌尿器関係の治療・修正・援助、当院での診断とセカンドオピニオン、その後の大学病院や海外タイでのSRS、名の変更(GID氏名変更)と性別変更の審判のための申し立てサポートを求めて、当院トランスジェンダー/GID性同一性障害外来に受診される方も多くあり、事実上の混合診療と看做されうるような状況となってきました。

従来は、かつての九州におけるGID診療環境と治療環境が整備されていなかった点を考慮し、このようなガイドライン外で美容外科にて乳房切除・睾丸(こうがん)摘出等の外科手術を受けてきたような方へのカウンセリングや診断などのサポートも行ってきましたが、九州ベテルクリニック福岡トランスジェンダー/GID性同一性障害外来に九州全県(福岡/佐賀/長崎/大分/熊本/宮崎/鹿児島/沖縄)、中国四国近隣(山口/岡山/広島/島根)、関西・関東・北海道から初診の方がいらっしゃるのが日常となるに至り、これをもって九州福岡におけるトランスジェンダー/GID性同一性障害外来の周知とGID診療環境・治療環境の整備は完了したと判断しました。

よって、当院では、2017年8月以降にガイドライン外で美容外科にて乳房切除術・睾丸(こうがん)摘出等を受けて来られた方への診断やサポートは差し控えることとなりました。ガイドライン外からガイドラインへの再導入もお受けできません。

なお、当然ながら、当院にて適正に診断を受けて、GIDガイドラインに沿って身体の治療への導入をした方は、今後も引き続き大学病院並びに国立病院へのご紹介と転送を受けられます。しかしながら、GIDガイドライン外で、美容外科主導による乳房切除や睾丸(こうがん)摘出・精巣摘出を受けてこられた方の場合については、下記のような制限や不都合・不便・不利益が生じることがあります。一生に関わる問題ですので、ひとりで軽々な判断をせず、まずは当院にご相談ください

 

以下、上記の告知と重複する部分もありますが、今後の措置と対応について簡単に記述しておきます。

1.当院では、2017年8月以降にガイドライン外で美容外科にて乳房切除術・睾丸(こうがん)摘出等を受けて来られた方への診断やサポートは差し控えることとなりました。ガイドライン外からガイドラインへの再導入もお受けできません。

適用除外1)手術実施日が2017年7月31日付けの方までは、引き続き当院で診療とサポートを継続します。

適用除外2)他県から九州に転入してこられた方はこの限りではありません。 

適用除外3)上記の他やむにやまれぬ事情があり、それが合理的であると格別に首肯しうる場合

 

2.かねてより、美容外科にて乳房切除術等を受けて来られた方が、その後の合併症の治療や修正に大学病院や国立病院に保険診療で受診にこられることが問題となっておりました。美容外科にて乳房の手術を受けて、その後の予後不良の治療に国立病院機構 長崎医療センターに受診された方の事例(当院はその手術に一切関与していません)で、「美容外科で受けた乳房外科手術の予後治療と修正は美容外科で完結されるべき」との決定がなされたため、当院ではこのような大学病院並びに国立病院機構の判断を尊重し、2017年8月以降にガイドライン外で美容外科にて乳房切除術・睾丸(こうがん)摘出等外科手術を受けて来られた方を、九州各県の大学病院並びに国立病院機構の隷下病院へ紹介・転送することは差し控えることとしました。

3.現時点では、GIDガイドラインに沿った診断プロセスにのっとっても、かつてのような治療の遅れが生じることはありません。あえてGIDガイドライン外で美容外科にて手術を受けて、以後の保険診療と戸籍変更等の行政手続き、法的手続きにおいて困難が生じるリスクを犯すだけのメリットも必要性もありません。

4.たとえ東京の精神科クリニック名義の診断書を取得して美容外科で乳房切除術等を受けた場合であっても、それはガイドライン外ですので、上記の取り扱いの例外にはなりません。

5.このような大学病院や国立病院機構の取扱いは、現行法における保険適応の可否の判断基準に準拠したものです。保険診療の公費負担分を支払う保険組合(社会保険事務所、国民保険事務所)は、保険診療外の美容外科診療と一体と見える診療につき、保険医療機関の保険請求を拒否します。しかるに、保険医療機関は、美容外科における手術の予後不良の治療並びに修正は、保険適応外として取り扱わざるを得ません。これは、GID医療のことのみならず、すべての美容外科手術に当てはまることです。

6.特に、公務員の方、看護師・理学療法士等の医療資格職の方が、美容外科にてGIDガイドライン外で焦って乳房切除術・睾丸(こうがん)摘出等を受けるメリットは全くありません。慎重かつ理性的な思慮及び判断をしてください。

7.このような取扱いは、GID/MTFにおける、睾丸(こうがん)摘出・精巣摘出を受けてこられた方であっても同じです。ただし、当面は、福岡市内の保険医療機関(泌尿器科・形成外科)への紹介と転送は行ないますが、自費診療になります。

8.東京の精神科クリニック名義での診断書または乳房切除・睾丸(こうがん)摘出を受けた美容外科の診断書を持ち込まれても、当院・大学病院・国立病院の精神科のいずれにおいても、それらのGIDガイドライン外の診断書に基づいてセカンドオピニオン・ホルモン治療・その余の診療を行うことはありません。また、当院・大学病院・国立病院の精神科の診断プロセスが早まったり、ショートカットできたりすることも有り得ません。

 

詳しくはお問合せください

 

 

 

 

 

 

 

急ぐ方・経済的に余裕がある方の、ショートカットでの海外での形成外科手術

 

美容外科主導によるGIDガイドライン外での手術について

総合受付のトランスジェンダー外来関連のページリンク

 

受診しやすいジェンダークリニック/ジェンダー外来/GID性同一性障害外来 15の理由

 

公務員専用受付